白いペンキを塗る

家を守るために一定周期で木更津市の業者に外壁塗装を依頼しよう

木更津市で外壁塗装をする間隔について

コーキング剤

外壁は、家の外観の美しさを守るだけではなく、塗装によりさらに内側の家の駆体部分を守るために欠かせない役割をしています。具体的に鉄筋コンクリートの場合を例に考えてみましょう。鉄筋コンクリート作りの家は、コンクリートの中に鉄筋が入っています。コンクリートは、アルカリ性で鉄筋が錆びることを防いでいます。アルカリ性のコンクリートに酸性の雨が当たると中和されて中性になります。コンクリートが中性になると、鉄筋の錆が進行してしまいます。鉄筋が錆びると家の強度が低下します。錆びた鉄がボロボロになり弱くなるのを想像すれば分かりやすいと思います。家の強度が低下すると、地震や台風等の自然災害で家が壊れる原因になります。また、錆びると、鉄筋の体積が膨張するため、コンクリートに亀裂が入る原因になります。それでは、外壁塗装は新築の場合に何年目に行うのが良いのでしょうか?結論から言うと、外壁塗装は、10年間隔で行う事が良いです。外壁は、砂ぼこりや酸性雨、太陽からの紫外線のため毎日劣化しています。10年経過すると塗料が、雨から駆体のコンクリートを保護する本来の役割を果たさなくなります。外壁塗装は、費用が高く10年ごとに実施することは大変です。しかし、実施しないと、建物の寿命を縮めてしまいます。そのため、10年ごとに外壁塗装を実施した方が、むしろコストを安く済ます事が出来ます。

イチオシ記事

このページのトップへ