白いペンキを塗る

家を守るために一定周期で木更津市の業者に外壁塗装を依頼しよう

木更津市の外壁塗装業者はコストパフォーマンスで選ぼう

塗装用具

外壁は、建物の駆体を風雨から守るために重要な部分です。その中でも、一番外側にある外壁塗装は、コンクリートの中性化を防ぐのになくてはならないものです。コンクリートは、元がアルカリ性で中の鉄筋や鉄骨が錆びることを防いでいます。外壁塗装が損傷していて風雨がコンクリートに入ると、コンクリートのアルカリ性と雨の酸性が中和して中の鉄骨や鉄筋が錆びる原因になります。従って、定期的に外壁塗装をすることが必要です。しかし、外壁塗装は高額です。塗装の損傷具合にもよりますが、10万から150万、場合によってはそれ以上かかります。出来るだけ安く済ませたい。しかし、安く済ませていい加減な工事はして欲しくないと言う相反した考えがあります。外壁塗装を安くかつ耐久性の良いものにするため、塗料の違いは知っておいた方が良いです。塗料には、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系、光触媒系があります。平均金額でアクリル系は70万、ウレタン系は70万前半、シリコン系は70万後半、フッ素系は90万後半、光触媒系は、110万前後です。値段だけを見ると、アクリル系がお得で、フッ素や光触媒系が高いように思いますが、耐久年数が違います。アクリル系は耐用年数が4年、フッ素や光触媒系は、18から20年もちます。一年当たりのコストで考えると、結局、安い塗料を何度も塗る方が高い塗料を一度塗るよりも高くつきます。

イチオシ記事

このページのトップへ